読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然メモ

徒然と毎日をメモのように

春の腕はもう動き出してる

朝5時過ぎ。バスを降り立ったら雨だった。

2月なのに。アスファルトは見えていて

なんだか早く冬眠から目覚めてしまった感じ

まだ眠っていてもいいのよ。大丈夫。

 太陽もまだ登っていないし

だから私達も眠ってていいかな、だめ?

 

なんだかふわふわふわふわとここ1ヶ月位を過ごしていて、とうとう言われてしまった。

 

地に足がついていない。

 

目を丸くして3回くらい聞いてきた。

 

たしかに浮いている、いや、浮ついているそんな感じはしてた。

だめだなあ、だめだめ

 

そしてそんなだめだめな私を見透かしたような君の言葉は、さらに私をだめだめにしていくのだ。

 

なんだか自分が自分でないような感じがして、少し焦燥感のような感情が出てきた。

なにに焦ってるわけではないけれど、なにかにくすぶってるわけではないけれど、なにかに怯えている。なにかを怖がっている。パニックになりそうになるんだ。

 

深呼吸。私は私。

獅子座の私は強いのよ。

百獣の王なんだから、大丈夫。がおー。

 

 

今日も残業。

駐車場まで勢いで帰れるのだけれど、駐車場からお家までが億劫で外に出られない。

30分くらい音楽を聴いて、空を見上げて考える。なにも考えないこともある。

私だけしか知らない。私だけの時間が過ぎていくのを待つ。

見えなくなりそうでずっと見えているお月様を私は眺めて、少しだけ、1粒泣く。

 

悲しいこととか何も無いけれど、唐突に不安に襲われるんだ。

心が漏れる。音楽が私の心に穴を開けて、破裂しそうな私の心をダム穴みたいに調節する。

 

わたっしー あーなたの心

しりたくて仕方ないの、よ。

私の心は私もわかってなーいのに

私の心も知ってほしいと思うの、よ。

私の知らない私をあなたから聞きたい

これはなんていう承認欲求なのかしら

 

さて、お風呂に入ろ

 

1回全部流す。

カムバック前の私。