読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然メモ

徒然と毎日をメモのように

土曜の朝

ノープラン

 

基本的に休みはノープラン

遠出かノープラン

 

暇人だなあと言われれば、

否定はしませんが

 

本を読んだり、音楽聞いたり

絵を描いたり、ドライブしたり

私はそれなりに充実する

 

お布団の中で1日を終えることだって

そりゃあるさ

スマホの中身は無限大

インターネット、SNSをみて

簡単に見れちゃう若者を観察

 

ふーん、これは本音かなあ本当かなあ

 

 

 

自分のことを井の中の蛙と言った

私の敬愛する先輩は

驚きと寂しさと応援をわたしにくれた

 

四女なんだって

 

私のこと、もったいないと言ってくれた

すごく嬉しくて、嬉しくて

だからといって返せるものじゃなくて

私のこの恩は、

本当は成長で返さなければならないのだ

それを、私は、放棄して、しまうのです

 

すごくたくさん話をして

先輩のことを知って、

私のことを知ってもらって

今の仕事のこと、これからのこと

私の好きなこと、先輩の好きなこと

 

先輩には続きの言葉を渡したい

井の中の蛙、大海を知らず。

                        されど、空の青さを知る。」

 

私に現実を突きつけて、

中途半端だといい、

それでも離れないと言ってくれたから

 

 

私は馬鹿だからさ、作戦とか立てられないし

立てたとしても穴だらけでボロボロ

だから真っ向勝負なんだよな

 

先輩は 一波乱起こしなさい と

やるからには筋を通しなさい と

やれるとこまでやればいいんじゃない と

 

四女のあたしは感情派

 

はー、ポンッと消えたい

そんなわけにもいかないのね

予定通りに行きますように、と

願います。願っています。叶え。

 

一言だけ愚痴を言うと

本当にまじで何回面談するねん。

何回話しても同じだよ馬鹿。ばーか!

説得されても響きません!!

頭のお固い連中め!!

 

…カラオケに行こうかな

大きい声出したい。気分。

 

 

●▲■

 

 

外に行こうとしたら

母ちゃんに北朝鮮がミサイルを

打つかもしれないから

やめなさいと言われた。

 

天気悪いからやめなさい

みたいに。

 

今日はドライブして

カラオケに行こうと思ったのに。

 

ちぇっ(´ε` )

 

(ミサイルが撃たれるなんてさっき知ったんだけど、世の中はどよめいていたのね。失敬失敬。)

 

そして何をしているかというと

母ちゃんの寝床に忍び込んで

母ちゃんの休日を全力で邪魔している

 

母ちゃん「やーめーろーよー!」

私「かまってー!」

 

ずっとやってる

(私は22歳。社会人。あれー?笑)

 

多分今は誰かと話をしていたい気分なのね

 

お昼まで寝るそうで母ちゃんは何も言わなくなった。隣に私いるのにー。

 

泣いてみちゃうぞ。(嘘)

 

もし本当に今日死ぬとしたら

どうしようかな。

君になんていおう。

ありがとうがいいかな。

本当は会いに行って抱きしめたい。

 

生きてるのが普通で、人間がいつ死んでもおかしくないのも普通なのに。

 

死ぬために生きている。

廻りまわっているのに、時間は進む。

 

難しい事は私にゃわからんけど。