読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然メモ

徒然と毎日をメモのように

アヲイ夜

深夜に出勤するために外に出たら

 

明るい

 

と思って見あげたら    満月

 

綺麗にぽってり浮いていた

 

街中は車は走っているけれど

なんとなく静かで

道路も建物も植物も

月に見蕩れているよう

 

ここには今、夜と光しかなくて

闇だと思って怖がらずとも

真っ暗じゃなくてアヲイから

それは夜で、そのほかは光で

私たちを優しく照らしてる

 

私、人の世を終えるなら夜がいいな

夜が好き

欲を言えばお月様もお星様も

キラキラしてる夜がいいな

 

君に見蕩れるように

月に見蕩れてしまうから

やっぱり君はお月様になれると思うよ

 

きれいなひとりぼっちになりたがる夜

 

 

 

深夜勤務の朝になった時の

安心感ったらないんだけどね

やっぱりみんな夜に溶けるように

行ってしまうからね

夜の魅力や不思議な力には人間は勝てない

そもそも勝つとかじゃなくて、

それが自然なような

 

 

いってきます

 びゅ

●▲■

 

起きたらすっかり日も暮れて

 

なんてことはなく

 

数時間の仮眠で目が覚めちゃう

最近深夜明けは家に帰って

すぐ眠るなんてしなかったから

お布団も驚いてるみたい

「え?眠るの?このまま?お前が?」

みたいな(そんなことないか)

「眠るのね、おやすみよ。おやすみ。」

って感じがいい。

あぁ、そうですか。みたいな。

 

さーて、シャワー浴びよっ

 

今日はビール飲むのだ。