徒然メモ

徒然と毎日をメモのように

ゆっくりと確実に

雪が降る。


ふわふわとずいぶん優しく降るんだねえ。

冬を深くしていくのだねえ。


冬は星が綺麗に見えるから、夜は晴れてくれたらいいな。


3ヶ月、4ヶ月は共に。仲良くしたい。

仲良くしてね。


これから夜勤。何事もありませんように。

体調芳しくないので、何事もありませんように。ゆったり眠ってておくれよ。


昨日温泉歩いて行こうと思ったら行けなくなっちゃったから、丸一日かけて温泉と岩盤浴とでダラダラできる日がほしい。体納め。

(体納めなんて言葉あるのか全くわからない。作った。)


みんなを寝かせたら、また続きを書こう。


♪夜明け/ハンバートハンバート



追記


みんな寝たので続きを。

ベット兼ソファで横になってます。

おじいさんのいびきをききながら。


書こうとしたけど、何書けばいいかわかんなくなっちゃったなあ。


んーー。仮眠します。 おやすみ。


大切な人一人すら私には何もできないことが多すぎるなぁ。ヒーローには向いていない。雑草くらいのもんだ。雑草にも名前があるんだよ。見慣れてるけれど名前は知らない。でも近くにいる。見慣れたものがあると安心することもあるでしょう。


とりあえず赤いゼラニウムでも贈ろうか。


意外と似合うよ。きっと。



そういえばあの時に恋をした男の子。

いい男の子になっていた。

赤い糸では結ばれないが、何かしらの糸は繋がっている。


恋愛も、恋も、愛も、まるっと大切に。


恋人いても、恋はする。

きゅううってなるあいつ。

人によっては怒るかもしれないけれど、私は恋も愛も好きなんだなあ。



はぁ、あんなに最高な時間を過ごしておいて、簡単に日常にポイだぜ。さみしい。


直接言わない俺が悪い夜

直接言わない俺が悪いnitht vol.2


ハジメさん誘ってくれてありがとうございました。最高でしかなかったな。


今回はヤハタトシキことやっくんと、あずまりゅーたことあずまくんと私の3人で遠征で軽自動車にギター3本積んでいざ函館。


下道、たまにホワイトアウト

無事につけて良かった。まず。


道中音楽聴いてあーだこーだお話しして楽しかったな。修学旅行のバスの中みたいだった。あれをかけて 最高って呟いて、これをかけて リズムを刻み、最高だった。


前日入りでお昼に出て、夕方に着。

夕方といってももう暗かったんだけど。


函館に着いて、三浦アトロことアトロくんと合流して、ラーメンを食べにいったんだ。響っていう私の実家の近くにあるラーメン屋さん。最高に美味しい。あいかわらず美味しかったです。ごちそうさまでした。

みんなで餃子とチャーハンをシェアしたのが、なんだか私はうれしかったんだなあ。


そしてバスに乗り、お腹いっぱいでみんな沈黙。まあ、そうなるさ。だってお腹いっぱいなんだもの。


焼きとりやさんに一軒振られ、四文屋。安定。しかし、みんな満腹なのだ。食べられないのだ。苦しかったなあ。

途中で堀木光太郎こと堀木さん合流。

みんな思い思い。想い想い。

そして銀グラに。明日行くのに。

やっくんいろんな話をしてくれた。

そういえばこうやってお話ししたのは初めてだったな。やっくんの声は心地いいものがある。みんなちがってみんないいだけれど、あの空間では一番心地よかったのではないかな。

二杯くらい飲んで、帰宅。


数ヶ月ぶりの実家は安心が多かった。

母ちゃん、元気そうで何より。

ふってぃ(弟)は顔見れなかった。

ジジも元気そうだ。


次の日、ライブ当日。午前からやっくん、アトロくん、あずまくん、私の4人で温泉に。

花園温泉。20年以上函館に住んでたのに行ったことなかった。ノスタルジックな大正の匂いが心地いい温泉だった。

手作りのおにぎりやスパゲッティ。何人も何人も座ったソファとか。店構えから最高で、なんで今まで来なかったんだろうなあってしみじみ。知らないことは知らなければ知らないままだ。いいこともあるし、悪いこともあるな。

源泉100パーセントらしく、温度の調整が難しいみたいで、おばちゃんたちはみんな水で調節してた。めちゃめちゃ熱かった。露天風呂にはりんごがぷかぷか浮いていた。かわいい。


そしてお昼に堀木さんの働くラーメン屋に。(昨日もラーメン食べたのに)堀木さん、すごくキラキラして働いてるものだから私、嬉しくなっちゃったんだ。ラーメンも美味しかった。


そして行きたい喫茶店がお休みで近くの陶芸屋?パン屋?でコーヒーをいただいて、ライブへ臨む。


ライブ自体はボロボロで人に聞かせるにはまだまだなもので、悔しくもあったし、言わなくていいこと言ったりして何やってんだって思ったけど。

純粋に人に歌いたいと思った歌が歌えて嬉しかった。聞いてくれてありがとうございました。

これからだ。まだまだだ。でもきいてほしかった。


出る人出る人、最高で、嬉しく、興奮した。

有くんは歌を初めて聞いたんだけれど、気持ちよい音楽を歌ってくれた。年下に見えないんだよね。

野坂祐太郎ことゆうたろさんは相も変わらず、愛も変わらず。最高だった。卒業証書のくだり、ありがとーーー!って思った。


みんな、愛しい。愛しすぎる。

またこんな夜を一緒に何回も重ねたい。


みんな、みんなみんなありがとうございました。


とりあえず無事札幌に帰ってきて、一人で炎で打ち上げなうです。


最近日本酒を覚えました。元気です。


また続きはまただな。


ブログに書きたくなったんだ。


夢中に

夢中に1日、料理をする。


考え方をしなくてもあっという間に時間が過ぎて、楽しい。


なんでしようかと思ったのかは

「あー、もやもや考えちゃうなあ。」

な、出来事があったからで、それに関しては深くは書く気がないのだけれど、そういうことがあったのですよ。


怒りの琴線に触れたわけでもないし、なにかされたわけでもないんだけど、というか自分でなんとかしていかなきゃならないことなのだけどさ。


現実逃避だよ。


レモン酒を仕込んで

野菜を買ってピクルスを仕込む

そして夜におでんが食べたかったから、おでんを仕込む。大根ホロホロになったかなあ。


食べるぞ。食べて、寝る。




黙ってればいつか、なんて


私、どこにいればいい?


ひえ、泣きそうだ。

一粒こぼれる。


こんなに気持ちがごちゃごちゃになることなのになんで何回も繰り返してるんだろう。

雪、降る。

やっと雪降ってきた。

一ヶ月後にはきっとげんなりしてるというのに、嬉しく思っちゃった。


この寒さも愛しみを持てる。

白さと寒さがまざりあって、冬を迎えてる姿はなんだか嫌いじゃないなあ。


このブログを書いたら温かいコーヒー、淹れよう。

ガスコンロ機嫌が悪い。機嫌直しておくれよ。


最近ずっと夜勤ばかりである。

体内時計おかしくなってそう。仕事前に変な寝かたしているから、寝すぎる。体調崩さないようにしないとなあ。

ストーブをつけるから、乾燥して喉風邪引きかけてる。マスクマスク。


あ、車のタイヤ交換してないやあ。

行けるかなあ。


26日に車検で、大丈夫かなあ。


面倒なことが多くて、後回しにしてしまう。

億劫なんだ。おっくう。

あ、でも昨日から新しいことを始める約束をして、楽しみになっている。早く12月にならないかなあ。

最初はきっと没頭するから、気づいたら春だと思う。しんどい時とか頭の逃げる場所を作った。えらい。


そうだ年末年始のJR取らなきゃ、大丈夫かな。まだ間に合うかな。


さて、起きよう。

今日も夜勤だー。稼ぎ時。そんでもって来月はボーナス。出るのかな?全然そんな話がないままだけど、出なかったら落ち込むかもなあ。どぅーん。


雪が降って、いつのまにか大通りではミュンヘン市やってて、きっとあっという間にクリスマス、年末ってなるんだろうなあ。



朝起きたら左目がまた腫れていた。赤い。

早く治らないかなあ。時期的に弱い。

目薬効いておくれよ。

昨日の寝る前が寝る前だったから、どっちも腫れていたんだけど。


さて、起きよ。


そういえば、自殺するとき。

どんなにどんなに前の前から楽しくて相対的に見て羨ましくなるくらい幸せそうだったとしても、直前に何があったかなんてわからない。ふと思った瞬間に行動してしまうことだってあるんだもんね。教わった。

あ、今だな  みたいな。

そう考えたら、思いとどまってずっと死にたいと考えているよりもずっとシンプルに死に向かう瞬間は思うよりもたくさんあると思った。

いつ死ぬかわからないな。


人間は面倒だな。



《追記》


夜勤中です。

控えめに言って無理です帰りたい。


2:02


落ち着いた。

利用者さんは嫌いじゃないよ。

だって、それが仕事だもの。


帰る場所、どっちだ。

私の帰る場所。

どちらが道連れ。


流れる6文字、心に痛い。

締め付けられるようだよ。

私だけなら悔しい。

流れる5文字、胸に苦しい。

話したいこと、話せないこと

こうやって考えてることすら、あなたにとっては面倒かもしれないなあ。

あーぁめんどくさいに自己嫌悪。


やってあげてるになるのか。

勝手にやっただけになるのか。

そこの合致は難しいよねえ。


ねえねえ本当はね。

…。


でもきっと泣いちゃうから。


私たちの当たり前とあの人たちの当たり前、社会的な当たり前、家族の中での当たり前。全部違うなあ。難しい。


考え事ばかりでぼけーっとしてしまう。


たばこ吸いたいな。


なんとなく考えてることわかってるよ。




さて、

夜勤明けです。

明日はおやすみ。

一日中ダラダラする予定。


恋人はライブ。

毎日のようにライブをしている。

水を得た魚のようだ。


うれしい。


タイミングがあえば行っていた。

タイミング合ったけど、字面がゴリゴリしてて、やめた。

ゴリゴリの気分じゃない。


なんだったらへらーっとお酒飲んで、ぱたんきゅーと寝たい。


お酒、飲みに行きたい。


が、


お金も限りがあって

そんなに毎回出てられるほどの余裕はー…


どうせ美味しいところに行くなら2人で行きたいし


1人でおうちで食べるご飯はあまり美味しくない


えぇ、どうしろってんだ


寒いし。


なんか外から水の音するし。


シャワー入らなきゃだし。


やる気ーーかもーん。


恋人の友達が恋人を誘ってたらしく、行けば?と言ってもらっていたけど、それもな…。

気軽に連絡取れるほど、何を話したらいいのかもわからぬ。


うへえ


こまった〜〜涙

仕事、やすみました。

休んじゃった。


いいと思ってる。

許そう。


昨日の夜はサリナスという名前のバーでライブを見ていた。すごくすごく楽しかった。もうなんにも考えたくなくなるくらい。


帰り道、仕事に行きたくないと思ったら、お酒のせいかしんどくなった。

あんなに楽しい夜だったのに。

恋人にも迷惑をかけてしまったな。

どうしたらよかったんだろう。


寝る前、朝が来るのが怖かった。

憂鬱しかない眠る前の時間だった。

せっかく恋人が隣にいるのだから、甘い時間でも過ごせばよかったのに。なににも気付かず、朝になってればよかったのに。


涙が出て、息苦しくなった。


制御できなくて辛かったな。


恋人は隣でぎゅっとしてくれて、背中を叩いてくれた。

安心した。

初めて今の恋人と付き合うきっかけになったのも、私が酔っ払って、泣きついた時だったな。

懐かしい。

あの時と私はなにも変わってないのかしら。


夢を見た。

仕事の夢しか見なかった。

責められて、責められて、苦しかった。

一回だけで済ませればいいのに、夜中に目を覚まして、また眠るとまた仕事の夢。

眠る時に仕事のことしか考えてなかったから、少し自分が正気じゃないとおもった。


朝、目覚まし通りに起きて、少し考えて、仕事を休む電話をした。

熱が出たことにした。

生理が被ったことにした。(これは事実だ。)

病院に行って、インフルは陰性だから明日はいけると伝えた。(嘘ですが。)


これは、正常だ。

ちょっと疲れちゃったから、休んだだけのこと。少しすればまたいつも通りだよ。


社会人になって仕事、サボるのは3回目。

1回目はライブを見に行くため。

2回目は二日酔いが辛くて、早退した。

そして今回が3回目。


何事も一年を過ぎたら辛くなる。(気がする。) 前の職場も一年を過ぎたあたりにすごく辛かった。専門学校も。バイトも。バンドも。

その壁を超えられたものだけが私の隣にある気がするな。



今日、またライブを見に行った。

ここ何日か体調は芳しくなくて、悩みながらも、家で1人になるよりは絶対にいいなと思って外に出てた。

頭が痛かったり、吐きそうだったり、色々あったけどやっぱり1人でいるよりは良い。ライブを見ている間なんかはほとんど楽しかった。

久しぶりに会った人がいて、元気そうでよかった。と言って私の頭をぽんぽんとした。なんだか泣きそうになって、全部吐き出そうとしたんだけれど、その人にも乗せてしまうのは違う気がしてやめた。

私の中だけで消化しなければならないことだったし、人に言ってどうにかなるものでもないから。


多分私は弱いから、


どうにもならんな。




なんにもない毎日を消費している

私はどこにもいけないわけがない

雨が上がったから虹を探そう

夜が更けていくから月を見つけよう

空が白んでいくからおうちに帰ろう

私の足は私の足

進むも止まるも私次第


正気と狂気の見違えなんてつくものか

みんな狂ってるよ

みんな正しいよ

わかってるから、変わらないでおくれ


愛しているよと叫ぶ

死にたいと叫ぶ


生きていればどうにでもなるのさ

君は君の歌を歌っていておくれよ

 

疲れちゃったな、まいった、降参



そういえば今日の君、落第点!




《追記》

2018.11.14 23:15


きっと君のことだから

理由はないのかもしれないけど

右にいたものが左にいて

言葉にはできない感情に

嬉しいとも悲しいとも怒りとも違う

全然ベクトルの違う感情

それ、他の人が見たらなんて思うかな。

あ、なんとも思ってないの私の方なのかも。

理由がないと思いたいのかも?

考えないようにしてるのにさ。もう。



そういえばあの日くれたもの

ちゃんと返したね私。

君はやだなあなんて言って笑ってさ。

覚えてるよ。覚えてるさ。

いい思い出にしちゃってるんだ。

悪い女だなあ。

2年つけ続けてたんだって。

それからまた2年経とうとしてるよ。

君が書くような歌詞とか

君が好きな歌詞とか

そんなこと絶対にしないけど。

元気でいておくれよ。

最後の約束、守ることはなかった。

これからもないだろうね。

きれいなままでありがとう。



限界はどこだろう

どのくらいで音をあげていいんだろうか。


わかんなくなってきたや。


みんな頑張ってるもんなあ。


私も頑張ってると思ってたんだけどなあ。


息がしにくくなって、目の前が薄暗くなっていく。


でも、あの頃とは違うんだ。

大丈夫大丈夫。

わかってるはず。


トイレでどうしようもなくなった時に似ててやだなあ。


一晩頑張ればまた違うはずなんだな。


きっと生理前だから。


理由はいっぱい転がってるはず。


見極め、大事だな。どこだっけ。