読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然メモ

徒然と毎日をメモのように

曖昧で愛おしい

言葉にできないこの感情

曖昧だね、愛おしい。

 

でも確実に気持ちの方向は一緒で

そんな夢みたいなこと信じてて

本当にこんな気持ち初めてよ

 

ふとつぶやいてみた

「月が綺麗ですね。」

夏目漱石の気分かな

 

まあ君からは

「死んでもいいわ」とも「月はずっと綺麗ですよ」なんてテンプレートは帰ってこなかったけれど。

なんだかとても恥ずかしくなって、救われている。勝手に。ふふ

 

 

この間、体が疼いた

多分これが欲情

あぁ、もう君しか見えない

君がずっとそばにいる想像で

 

、、、内緒

 

望んでいることをひとつにすると

大きくて、細かくしてしまうと

たくさんで本当にもうまいっちゃうね

 

 

君がいないと本当にダメになっちゃうみたい

 

 

 

幸あれ

不可能なのはわかってるのだけれど

世界中の全ての人に幸あれと思う

不幸な人にはそれだけの幸を

不幸も幸福も両方あって幸だと思う

 

君とベッドの中でふたりを混ぜ合うお話

君のことが知りたい

とても愛おしいよ

君から出てくる愛の場所を知る

たくさん話して口が乾いてしまう

 

これからも

いろいろなことを考えて

いろいろなことを話して

いろいろに混ぜ合わせてしまおう

ふたりとしてひとつに

 

3日間の幸せの後

狭い休憩室を抜け出して

私は食堂の端でひとり

少し気の抜けた顔で

君の幸せを願う

 

午後から少し忙しいかな

 

がんばろ

 

天気もいいし、僕は幸せだし

春の腕はもう動き出してる

朝5時過ぎ。バスを降り立ったら雨だった。

2月なのに。アスファルトは見えていて

なんだか早く冬眠から目覚めてしまった感じ

まだ眠っていてもいいのよ。大丈夫。

 太陽もまだ登っていないし

だから私達も眠ってていいかな、だめ?

 

なんだかふわふわふわふわとここ1ヶ月位を過ごしていて、とうとう言われてしまった。

 

地に足がついていない。

 

目を丸くして3回くらい聞いてきた。

 

たしかに浮いている、いや、浮ついているそんな感じはしてた。

だめだなあ、だめだめ

 

そしてそんなだめだめな私を見透かしたような君の言葉は、さらに私をだめだめにしていくのだ。

 

なんだか自分が自分でないような感じがして、少し焦燥感のような感情が出てきた。

なにに焦ってるわけではないけれど、なにかにくすぶってるわけではないけれど、なにかに怯えている。なにかを怖がっている。パニックになりそうになるんだ。

 

深呼吸。私は私。

獅子座の私は強いのよ。

百獣の王なんだから、大丈夫。がおー。

 

 

今日も残業。

駐車場まで勢いで帰れるのだけれど、駐車場からお家までが億劫で外に出られない。

30分くらい音楽を聴いて、空を見上げて考える。なにも考えないこともある。

私だけしか知らない。私だけの時間が過ぎていくのを待つ。

見えなくなりそうでずっと見えているお月様を私は眺めて、少しだけ、1粒泣く。

 

悲しいこととか何も無いけれど、唐突に不安に襲われるんだ。

心が漏れる。音楽が私の心に穴を開けて、破裂しそうな私の心をダム穴みたいに調節する。

 

わたっしー あーなたの心

しりたくて仕方ないの、よ。

私の心は私もわかってなーいのに

私の心も知ってほしいと思うの、よ。

私の知らない私をあなたから聞きたい

これはなんていう承認欲求なのかしら

 

さて、お風呂に入ろ

 

1回全部流す。

カムバック前の私。

アンビバレンツ

アンビバレンツ、両価性。

 

安心と同時に不安を覚える

愛と同時に罪悪感を覚える

 

女も男も相反するもので、男女でひとつという目もあるのだけど、どちらも人間だ。

老若男女、人間だ。

 

誰かを裏切ってしまうなんてこと人生ではざらにあって、全部うまくいくテイクイットイージーそんな人生はないんだろうさ。

 

大丈夫。みんなおなじだ。

大丈夫。君は頑張っている。

大丈夫。楽しい事はやってくるよ。

大丈夫。辛いことは終わるよ。

大丈夫。私が一緒にいるから。

 

多分大丈夫、大丈夫と1番言い聞かせてるのは自分自身へなんだ。

 

絶対的に目で見えないけれど、行動や、表情、仕草なんかを、君の言葉を信じて、私は君の隣に寄り添うのだ。

 

明後日、深夜明け、高速バスに乗って、君の元ヘ。

こころの中指を立てている

だー、むかつく。

 

62歳 VS 22歳

 

将来を見据えなさい

今それをやったら後悔するよ

大人の意見を聞きなさい

せめて3年、いや5年

 

待てないわ

 

あなたは自分の人生やりきったように感じてるかもしれないけど、私はあなたじゃないし。生きてる時代ずれてるし、生きてた場所もずれてるし。

 

社会に生きてるからちゃんとしなさい

 

わかるけどね

 

死ぬわけじゃないんだからやることやらせてくれよ。むしろ今の生活をずっと続けたら心が死んでしまう。私的には専門学校の3年間ですら頑張ったと思ってるんだ。

もう、好きなことやらせてくれよ。

 

やってきただろって言われるかな

 

私の母ちゃんは好きなことすればいいって。

私の母ちゃんはいつまでも私の味方だ。

私は母ちゃんのこどもなのだ。

いつまでもこども、なのだ。

 

はー、悲しくなってきたなあ

 

よくある言葉だけれど

やらない後悔よりやって後悔

人生一度きり

 

私は私を愛したい

 

いつ死ぬかわからないんだから、私は私を生きたい。

 

このこどもの駄々のような私を許されたい。

 

わんわん泣いちゃう。

 

わんわんわん

ベッドの中でぐるぐると

まわってる

せかいがまわっている

 

( 二日酔い )

 

お腹もぐるぐるとまわってる

 

世界って広いのになんで人はこんなにも不自由かしらね。人も動物で生き物なのに、社会とか理性とかルールが馬鹿みたいにたくさんあって、文明とか作り上げちゃって。戦争とかしちゃって。猫ちゃんみたいに本能でにゃーにゃー言ってればいいのにさぁ。なんで人間が動物のてっぺんなの。

人は綺麗好きすぎるしなあ

なんで服着てるねん。

なんでお洒落するねん。

なんで料理するねん。

なんでなんでなんで。

誰がはじめたんやー。

なんで関西弁やねん。

 

「やせいの にんげん があらわれた !」

 

野生の人間 ってもういないのよね

当たり前が当たり前なのがこわいよね

 

頭の中とっちらかってる

 

何が言いたいわけでもなく、ただスマホを握りしめて布団の中でタッタッタッと文字を打っている 

二日酔いなんだけど、眠れないし

大荒れっていうには外は青空見えてて穏やかだし 風は強いけど

 

昨日のことでも書いておこうー

 

昨日は明けで、小雪看護学校の母校へ行ったんだけど入試だったってことですぐに帰された。先生も顔疲れてたなあ。そのあとはお酒を飲みに行った。

おっぱい串おいしかったなあ

豚の乳房ですって

 

職場のこと。私のところは同期がいなくて、1人で育ててもらってるんだけど(さみしくなんかないもん)(嘘ですさみしいです)、小雪は4人。いたらいたでなんだか大変みたいで、話を聞けば、1人でよかったなあって思ってしまったの。

あとはたられば女子の話。

〜してれば 〜してたら っていうのが口癖の人のことを言うみたいよ。

時間が経てば後悔なんてたくさんあるのにね。

そりゃ時間たくさんあったものってなるものね。

 

最近人と話してる時にスマホをいじってる自分がいて、ちょっとこれはだめだなあと思ってる。

返信、早く返したくなっちゃってね。

紡がれる言葉が好きで欲しくて、もっともっと!ってなる。

これはラインだけじゃなくて、歌詞とかSNSとか電話とか全部

でもこれはマナー違反ね

ちょっとやめよう

 

マナーって大事だけど、時々邪魔ね

うん。マナー、理性、社会性、プライド、やりたいことの足枷になるようなもの。必要なんだけど、邪魔!ってなるときたくさんある。

マイノリティもマジョリティもなく自由に生きれたらいいのに。日本は他の国と比べて平和で安全かもしれないけれど、堅苦しいのよね。

 

まぁ、そういうものがあるから犯罪は少ないのもわかってる。

 

誰が生きやすい世界なの?

 

話が逸れた。

 

帰ってきた後はお電話。

珍しくあっちはシラフだった。

なんだかイヤホンジャックが変になっちゃって音が出なかったんだけど、ヘッドホンで解決

今は音、普通に出るの。

 

はじめて電話つなげたまま寝落ち。

起きたら接続不安定で切れてたけど。

なんだか恋人っぽいなあって思った。

恋人なんだけどさ 現実感がね

いつまでも、ふわふわと、夢のよう

 

あ、眠くなってきた。 

二度寝しよ。おやすみなさい。

おやすみなさい

頑張ったね
苦しかったね
細い背中とその猫背
笑うと細く微笑むその目を私は忘れないよ
お腹の痛みにはじっと耐えてたね
重たいキャスター持ってたまに歩いて、転んでしまったときは申し訳なさで困っていたよね
小説がきっかけでお話して、「また来ますね」が嬉しいと言ってくれたのが私にとって嬉しかったです。

どうか安らかに休めますように

なんだかいつも夜に溶けてしまいそうだったから、朝でよかったような気がしているよ。

おやすみなさい